とても良い人を見つけて結婚することになった中学時代の友達は、私と同様に2人の子供を持つシングルマザーです。
子供が2人いると、シンママの生活というのはとっても大変で、いつだってひぃひい言っていた友達でした。
私が知らない間にとても良い出会いを見つけられていたそうで、久しぶりに再会した時はとても明るい笑顔で挨拶をしてきたんです。
その笑顔を見て、今とっても幸せなんだなというのが伝わってきました。
レストランに入って食事を食べながら、いろいろ話を聞かされていきました。
友達が結婚する相手なんだけど、私が探しているようなセレブな人だったようです。
税理士をやっているという男性と、知り合って結婚になった話よりいろいろ聞かされていきました。
その試合の方法が一般的なものではなかったので、これが一番衝撃的だったかもしれません。
私が「どうやってセレブの人と知り合うの?」と訪ねたら驚くような発言をしてきたのです。
「私ね、生活が苦しかったからパパ活やってたんだよね」
いきなりこんな事言われたが、目が点になってしまいます。
確か食事を食べるだけでお小遣いを貰える、そんな関係だと言うのは風の噂で聞いたことがありました。
「最初は食事だけでお小遣いなんて、ありえないって思ってたんだけどさあ、それでももしかしたらと思ってネットでパパ募集やってみたらね見つかるもんなんだよね」
今度結婚する方とも、パパという関係からスタートしたようでした。
食事を食べたら2万円のお小遣いを貰える関係を、毎週のように作っていたと言うのです。
これだけでも月に8万円も副収入が得られてしまう、シンママにとってこの収入はとても大きいものです。

しかも複数のパパたちが言ったようで、さらにもっと上の金額を手にしていたようでした。
独身のパパと仲良くなっていき、求婚されたと言うのです。
素晴らしい出会い方法だろうと感じてしまう私がいました。